ひまわりクリニック

TEL:0742-72-1583

日曜日も診療しています。

睡眠時無呼吸症候群(SAS検査)について

睡眠時無呼吸症候群とは

10秒以上続く無呼吸状態が1時間あたり5回以上起こることが、睡眠時無呼吸症候群の定義とされています。睡眠時に無呼吸の状態が起こることは、体内への十分な酸素供給ができず、身体に大きな負担がかかってしまいます。それにより、日中の眠気、頭痛、体の疲労感、高血圧、循環器疾患など、その他合併症発症の可能性が高まります。日中の眠気や疲労感は集中力を低下させ、居眠り運転などの交通事故のリスクが高まります。

これまで睡眠時無呼吸症候群は、単なる夜型の人であるとして、正しく認識されていませんでした。睡眠に十分な時間を費やしているのに日中の眠気が取れない、身体が重く感じられる、頭痛がしたりする人は無呼吸症候群(SAS)の可能性があります。

適切な診断と治療を受ければ快適な睡眠ができ、健全な日常を取り戻す事ができます。

SAS検査とは

検査の流れ
1. 検査が確定したら、提携業者の㈱キョーエイに連絡いたします。
2. 検査当日、㈱キョーエイのスタッフがご自宅に訪問、検査器をお届け致します。
3. 一晩、検査器を取り付けて眠っていただきます。
4. 翌日、スタッフが検査器を回収に参ります。
5. 回収したデータを解析した結果に基づき、診断いたします。
※初回検査費用は3割負担の方で、約4000円弱となっております。

治療について(CPAP療法)

睡眠時に無呼吸になる原因の多くは、気道が塞がってしまうことにあります。CPAP療法は空気で圧力を送り、塞がった気道を広げることで、無呼吸状態を解消するものです。投薬や手術を行わない上、睡眠時にマスクを装着するだけの簡単な治療法です。CPAP療法を行うことで質の良い睡眠が得られ、日中の眠気や疲労感、頭痛が解消されたというお声も少なくありません。しかし初めて医療機器を取り扱う場合は不安が付き物です。そこで、業者が機器の貸出しから取り扱いの説明、定期メンテナンス、24時間年中無休でサポートしてくれます。初めての方でも安心して治療を受けることができます。

また、検査にて一定基準を満たせば健康保険が適用され、治療にかかる費用は機器のレンタルも含めて(3割負担の方で)毎月5,000円程度。ただし、毎月一回受診していただく必要があります。毎月受診する事で、CPAP療法の効果、疑問や不安などを相談することもできると同時に体調や治療の効果を主治医が随時チェックすることで、さらに適した治療を受けることができ、より快適な睡眠を得られることでしょう。

診療日・診療時間のご案内

午前診療9:00~12:00
(受付時間 8:45~11:45)

午後診療4:00~7:00
(受付時間 3:45~6:45)

午前診療 内科
皮膚科
内科
心療内科
内科
心療内科
内科
心療内科
内科
心療内科
内科
心療内科
皮膚科
内科
心療内科
皮膚科
午後診療 内科
心療内科
皮膚科
内科
心療内科
皮膚科
内科
心療内科
内科
心療内科
内科
心療内科
皮膚科
休診 休診

◇心療内科:初診のみ予約制となります。詳細については心療内科ご案内ページをご確認ください。

◇皮膚科:月曜午前、月曜午後、火曜午後は女医による診察となります。

※祝日は休診です。

※曜日、時間帯によって担当医師が変わりますので「今月の診療カレンダー」を合わせてご確認ください。

今月の診療カレンダー